勧誘や肌荒れが怖くてレーザー脱毛に踏み切れない

昔から毛深いと言われ続け、小学生の時からカミソリでの自己処理を行っていますが、特に夏場は露出が増えるため、お風呂に入るたびにこちの毛を剃ることになります。
カミソリで剃るどうしても剃り残しがあったり、チクチクとするような感覚が残る個所もあります。
剃りにくい場所もあり、特に背中は1人で上手に処理することができません。

 

いつもどこか切ってしまい、入浴後にバスタオルで体を拭くと血がついていたりするのでクリームを塗ったりひどい時にはばんそうこうを貼って対応しています。
かといって毛抜きを使うと膨大な時間を有することになるので自分の今の生活スタイルでは、脱毛にそこまでの時間を使うことはできません。

 

家庭用のレーザーや、サロンに通うことも考えた時期もありましたが、レーザーは肌荒れがするのではないかという怖さと、購入するメーカーを決めることが出来ないまま平行線をたどっています。
サロンはお試しコースなどもありますが、勧誘が怖いと思うのと、一度はまってしまうと次々に手を出して止まらなくなるのではないか?と考え、行くまでに至りません。

 

もちろん金額が1番自分の中では重要ですので、万単位で金額が発生することもデメリットに挙げられます。
そんな風に考えると、結果的に今行っているカミソリでの自己処理が1番低価格で、手軽で行えるという結論になるのです。
カミソリで自己処理を行い続けたとしても、もともとの毛が薄くなることはないですし、一生続けていかなければいけないのかな?と考えると思わずため息が出そうですが、そんなことを思いつつも今日もカミソリで自己処理をしてしまいます。

 

きっと、当分はカミソリを使用することになると思うので、自分に合ったカミソリを探そうとも最近思い始めています。
今はいろんな種類のカミソリがでているので、今までは種類にこだわらず自宅にあるものを使用していましたが、インターネットや友達からの応報を集めて、肌を傷つけないものや、滑らかに剃ることができるものを探そうと思います。
ムダ毛の処理の悩みは尽きませんが、安価で手軽な自己処理で、自分の肌も炒めることなく行うのが今の一番の理想です。

Copyright (c) 2017 家庭用脱毛器ケノンは中古で買っちゃいけないってホント? All rights reserved.

メニュー