カミソリと毛抜きの使いすぎで脇が色素沈着!真っ黒に

私は小学校の高学年くらいから自分が毛深いことが悩みでした。しかし小学生では何も出来なくて、ただ嫌だなと思うだけでした。中学生になってからは、ちょっとだけ知恵がついて、一本ずつひたすら毛抜きで抜くという手段に出ました。

 

多少キレイになるのですが、とにかく痛いし時間がかかります。その後は、家にあったI字カミソリで剃るということに挑戦したのですが、そのときはキレイにはなるのですが、生傷が耐えませんでした…。

 

高校生になるともう少し知恵もついて多少のお小遣いも手にし、優しい紙ヤスリのようなものでくるくるすると毛が擦れて切れるという商品を購入しました。

 

何となくは毛が薄くはなりますが、微妙です。次は除毛クリームに脱毛ワックス、と試しましたが、ワックスは泣くほど痛いし、除毛クリームは直ぐチクチクの毛が生えてくるしで、イマイチでした。

 

とにかく私は毛深いので、普通の女子が使うようなものでは思うようにキレイにならないんですよね。社会人になってからは、ちょっと高額な電気が流れて毛根を死なせる毛抜きのようなものも使いました。

 

商品説明にあるようにスルッとは抜けず直ぐに使わなくなりました。こうした自己処理を続けているうちに、毛穴はボツボツになり、カミソリを使うとそのボツボツに引っ掛かり出血。そして毛が皮膚の中に埋もれてしまって剃ることも出来なくなったりしました。

 

もう素肌は出せません。夏が憂鬱でした。脇の下もカミソリと毛抜きの使いすぎでボツボツで、色素沈着し真っ黒になってました。ノースリーブなんて当然着れませんし、半袖でも脇の下が気になって手が上にあげられませんでした。
そんなこんなでしたが、もうすぐアラフォー。

 

思春期の頃の毛に対する悩みも薄れてきて、あと諦めもあり、腕や足は基本生やしっぱなしで長袖にレギンスです。脇の下だけは、勇気とお金を出してレーザーの永久脱毛をしました。

 

正直、基本長袖着てますし見せることも無いのですが、なんというか…毛が生えてこないことの爽快感を味わっています。昔毎日のように睨み合っていた脇の下をもう何日見ていないでしょうか。

 

もし、毎日必死で自己処理をしている人がいたら、勇気とお金を出してクリニックに行くことを薦めたいです。

Copyright (c) 2017 家庭用脱毛器ケノンは中古で買っちゃいけないってホント? All rights reserved.

メニュー